夏の収穫体験会2022

7月23日、夏の収穫体験会2022が開催されました。暑い中またコロナ禍の最中ではありますが多くの方にご参加いただき誠にありがとうございました。皆様に喜んでいただけましたこと、スタッフ一同、大変嬉しく充実感を感じております。

今年の気候での栽培は大変難しく、苦労の多いものとなりました。その中でもじゃがいもと桃につきましては、収穫時期的にもご満足いただけて非常に良かったです。

トウモロコシにつきましては、サニーショコラ、ミルフィーユともに比較的高温に耐えられる88日タイプの種を使用しましたが、梅雨明けの酷暑や体験会直前の暑さ、また虫の発生する時期の雨天の連続などにより非常に難しくなってしまいました。

体験会直前にも試し取りをして確認は致しましたが、体験会後に残りのトウモロコシを全部収穫した際に、少し収穫適期を過ぎてしまったものや虫食いのものが多く見受けられたことも事実です。体験を通してトウモロコシ狩りを味わっていただけたと思いますが、もしあまりにもご満足いただけないことがありましたら、お手数ですがメールにてご連絡いただければと思います。

今回良かった点、改善すべき点をスタッフ一同でまた検討し、よりご満足いただける体験会を開催できるよう努めてまいりたいと思います。

次は秋の収穫体験会の開催を考えております。今後ともよろしくお願いいたします

トウモロコシの収穫

7月17日に地元子供会の農業体験、トウモロコシの収穫体験会が行われました。1週間近く雨続きだったのですが、最後は晴れ間も見えるほど天候に恵まれました。

種まきを行ったのが4月17日、ちょうど3ヵ月でした。今年のトウモロコシ栽培の3ヵ月は特に濃い時間だったなぁと感じます。4月は寒の戻りによる発芽不良、6月は突風と豪雨で株が倒され、例年にない早い梅雨明けと酷暑、、それでも順調に大きく育ってくれたトウモロコシに感謝です。そして、畑を通るたびに見守ってくれた子供たちにもありがとうです。

「大きい!」「美味しそう!」と皆さんの楽しそうな声が畑に溢れて農家としての醍醐味を感じさせていただきました。

昨年は非常によくできたと感じましたので、そのやり方を残しつつ、今年は追肥の時に味が濃厚になるよう有機肥料をプラスしました。私自身その効果を感じていますが、皆さん収穫してどうだったかな?美味しいと感じてもらえると嬉しいですね。

最後は記念にもぎたてトウモロコシと共に一枚。

今週末23日はいよいよ収穫体験会です。参加される皆様のお越しをお待ちしています。

トウモロコシの様子、じゃがいもの様子

急に暑くなりましたね。注意しないと熱中症にかかってしまうような暑さで、作業もしっかりと体調管理を行いながら進めています。

さて、あれからトウモロコシはどうなったか、、、まだ穂をつける前だったというのが幸いし、元気に起き上がりました。

早く種を播いた畑では髭が出始め、ヤングコーンの収穫となりました。

おそらく7月9日の直売会からサニーショコラを皆様のもとへ販売できるのではないかと思います。収穫体験会の方も順調に育っています。

収穫体験会のもう一つの品目ジャガイモの様子です。

こちらも株がしっかりとしていて、まだ掘っていはいませんが、土の中にたくさんのジャガイモがありそうです。思っていたよりも早く来た暑さで溶けてしまわないか心配ですが、乗り切ってほしいです。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2022.09.18

    9月後半直売会スケジュール

  • 2022.09.18

    高千穂大学への講義

  • 2022.09.18

    立川市果実品評会

Scroll back to top