落ち葉掃きと元肥

今年は12月が比較的暖かい日が多かった中で、ここへきての急激な寒さで一気に果樹も落葉しました。その落ち葉掃き作業に追われています

ブドウも紅葉すると綺麗です。見た目には楽しめますが、なかなか葉っぱが落ちませんでした。

落葉には来年の病気のもととなる菌が残ってしまうため、落ち葉を一か所に集めます。減農薬のための病気予防です。そのまま一年置いておくとふかふかな堆肥になります。

綺麗になった畑には来年度分の肥料を入れます。この時期はじんわり効かせたいので有機質肥料をいれます。そのなかでこの2つの肥料は愛用しております。

エコ574というぼかし肥料です。ぼかし肥料とは有機肥料に発効や微生物の分解をさせた肥料のことを言います。元肥に必要なリン酸分も高く、愛用しています。

ヤシガラの炭をベースとした土壌改良剤です。肥料業者が「おすすめなのでぜひ試してほしい」といわれたのがきっかけで使い始めました。使用後の果実の味や肥大が格段とよくなりました。それ以降毎年使用しています。

これらの肥料はほんの一部です。堆肥や鶏糞を含め8~10種類の肥料をブレンドしています。偏りを出さないように気をつけながら、肥料撒きにもこだわっています。その年の果実の成り具合や生育を見ながらの計算になりますので、最後は感覚の部分もありますが、来年の味が少しでもよくなればいいなと思います。

9月18日(土)の直売会について

いつも直売会にお越しいただきありがとうございます。

9月18日(土)に予定しておりました直売会は台風による雨風の影響を考慮し、中止とさせていただきます。

代替として9月20日(月・祝日)10:30より直売会を行います。

今年度最後となるブドウ(ピオーネ、クイーンニーナ)やイチジク、ナスを販売予定です。数量に限りがあるとは思いますが、皆様のお越しをお待ちしております。

お間違えの無いようご注意ください。

立川市果実品評会

今日は立川市の果実品評会が行われ、高橋果樹園もブドウ(藤稔、シャインマスカット)、イチジク、梨(豊水)を出品しました。

ブドウ(藤稔)が特別賞である立川農業振興会議会長賞を受賞することができました。

他の品目も特別賞の次点にあたる優秀賞を頂きました。

イチジクは左右どちらも当園のものとなります。一週間の長雨により収量が落ちましたが、暑さが戻ってきてイチジクもまたよくなってきました。

なかでも一番うれしかったのは梨の優秀賞になります。写真ではわかりづらいですが、1玉500gを越える大玉で、豊水の中でも迫力がありました。根圏制御栽培の今後の可能性を感じさせてくれました。なにより、自分で作った初めての梨は、やはり嬉しいものがあります。来年は皆さんにご提供できるようさらに研究します。

明日の直売会は藤稔、シャインマスカットをご用意してあります。皆様のお越しをお待ちしております。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2022.05.21

    夏の収穫体験会2022

  • 2022.05.14

    いろいろな幼果

  • 2022.05.14

    梨の摘果

Scroll back to top