立川市果実品評会

今日は立川市の果実品評会が行われ、高橋果樹園もブドウ(藤稔、シャインマスカット)、イチジク、梨(豊水)を出品しました。

ブドウ(藤稔)が特別賞である立川農業振興会議会長賞を受賞することができました。

他の品目も特別賞の次点にあたる優秀賞を頂きました。

イチジクは左右どちらも当園のものとなります。一週間の長雨により収量が落ちましたが、暑さが戻ってきてイチジクもまたよくなってきました。

なかでも一番うれしかったのは梨の優秀賞になります。写真ではわかりづらいですが、1玉500gを越える大玉で、豊水の中でも迫力がありました。根圏制御栽培の今後の可能性を感じさせてくれました。なにより、自分で作った初めての梨は、やはり嬉しいものがあります。来年は皆さんにご提供できるようさらに研究します。

明日の直売会は藤稔、シャインマスカットをご用意してあります。皆様のお越しをお待ちしております。

いろんなお仕事のぞいちゃおう~果樹園編~

8月4日に立川市生涯学習推進センター主催の「いろんなお仕事のぞいちゃおう~果樹園編~」を髙橋果樹園で行いました。

小学生や中学生を招いて、果樹園を案内、果樹農家としての仕事を説明しました。

まずは畑見学です。晴天でよかった!

イチジクのハウスでは実際に収穫して果実の中(花の様子)を見せたところ、みんなびっくりしていました

根圏制御栽培のナシでは、地面から切り離されている状態を見て興味津々でした。

最後はブドウの棚下の涼しいところで、果物作りについてお話ししました。みんな熱心に聞いていて、たくさん質問してくれました。

果物を食べることは簡単だけれども、その背景にある作る様子、作り手の想いを少しでも伝えることができたかなと思います。この中に未来の農業者が現れてくれたら最高です。

こちらこそ勉強になりました。皆さんありがとうございました!

桃の摘花

今日は25度まであがる夏日になりましたね。上着どころか半袖での作業でした。すでに初夏の爽やかさを感じています。

果樹園も春色真っ盛りです。

ブルーベリーも小さく綺麗な花をつけています。ツツジ科で小さな鈴のような花は愛らしいですよね。

梨も純白な花を咲かせています。去年は見ることができなかったので、1年分の成長を感じています。来年はさらに見ごたえがありそうでわくわくします。明日は梨の受粉の作業です。

桃は満開となりました。眺めながら楽しみたいところですが、美味しい果実にするためしっかりと作業を行います。花を摘んで果実の数を制限し、味を濃縮させます。特に上芽と呼ばれる、枝の上側にある花(果実)は日焼けしてしまうため良質な果実にはなりません。そのため上向きの花を中心に摘んでいきます。落ちた花を見るのは少し心苦しいですが、、

キウイも芽が動き出して、蕾が見え始めています。来週には摘蕾の作業がピークを迎えそうです

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2021.10.22

    太秋柿とレインボーレッド

  • 2021.10.18

    渋柿の販売

  • 2021.10.07

    太秋柿

Scroll back to top