太雅と東京紅

今日も柿のお話です。

「麗玉」と同時期に販売された新品種「太雅(たいが)」が収穫を迎えました。

太雅も麗玉も「甘秋(かんしゅう)」を親に持つ兄弟種。両者ともゴマ入りに納得です。太秋とは違うまろやかで上品な甘さが美味しいです。ゴマ入り特有なのか、皮をむいて持つとトロっとした感じもあります。

1玉500gを超える超大玉もありました。なり数が少ないので、10月30日の直売会の数量限定の販売になります。早い者勝ちです。

さて、太秋とならぶ髙橋果樹園の名物品種「東京紅」も収穫を迎えました。

ここへきて朝晩の寒暖差でどんどん色鮮やかになっています。紅(べに)の名前らしい色に染まってくれました。キウイの東京ゴールドも収穫始まりました。東京詰合せも数量限定でアップしようと思います。

東京の農家として東京オリジナルブランドがあるのは嬉しい限りです。

10月30日は数量限定で柿3種詰合せもご用意しました。数量限定になりますが、直売会、みのーれ立川で販売致しますのでぜひどうぞ!!

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2021.11.29

    12月の直売会スケジュール

  • 2021.11.12

    立川市農業祭品評会

  • 2021.11.08

    日本テレビ「news every.」

Scroll back to top