ブドウの剪定

今日は暖かかったですね!気持ちよく仕事ができました。

今日はブドウの剪定をしました。髙橋果樹園では新短梢剪定を取り入れています。短梢剪定は1~2芽を残して切り詰める方法です。その中で新短梢剪定は主枝を棚線よりも低く仕立てる方法です。

剪定前
剪定後

上の写真はブドウの新芽になります。短梢剪定はシンプルで簡単そうに見えますが、芽をしっかりと確認することが大切です。ここに春に出てくる枝やブドウの果実が詰まっているわけです。間隔や目の数も意識しながらなので、意外と神経を使います

話は変わりますが、明日の都内小学校の給食用に東京ゴールドを出荷しました。喜んでくれるとうれしいな

陽豊柿

11月も終わりが近づき、いよいよ柿の最後の品種の収穫が始まりました。品種は陽豊となります。

陽豊柿は樹が3本しかありません。あっという間に販売が終了すると思います。

実はかなり小ぶりです。甘みはありますが、例年より暖冬なせいか、いつもより少し固めに仕上がった感じがします。例年はもう霜が降りはじめ、寒さに耐えたものを収穫するため、じんわりと柔らかいイメージでした。

2枚目はピンボケしておりますが、こぶしよりやや小さい果実です

陽豊もだいぶ落葉し、鳥との競争になりそうです。

立川市品評会

立川市品評会が開催されました。例年ですと農業祭にあわせて開催されますが、今年度は新型コロナウイルスの影響により、農業祭は中止し、品評会も日にちをずらして開催されました。

当園も柿(太秋、東京紅、次郎)とキウイフルーツ(レインボーレッド、東京ゴールド、ヘイワード)を出品しました。

立川市内の農産物限定といっても170点近くの様々な農産物が出品されました。どれも選りすぐりのものでした。

その中で、当園の太秋が東京都知事賞を受賞することができました。

皆様にお届けしている太秋も大変喜んでいただき感激しておりますし、このような栄えある賞を受賞でき、とても光栄です。

今年度の太秋は明日の直売会のわずかな数量をもって終了となります。様々な嬉しい評価を頂き、また来年も皆様に喜ばれる美味しいものを作ろうと感じました。

果樹栽培において一番難しいことは「毎年、同じ品質のものを、同じ量収穫すること」です。

これから果樹は落葉し、剪定します。また来年も今年と同じように皆様方に喜ばれることを想いながら、剪定に取り組みます。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2021.01.23

    日本農業新聞に掲載されました

  • 2021.01.23

    キウイ剪定終了

  • 2021.01.13

    ブドウの剪定

Scroll back to top