立川市果実品評会

9月も半分過ぎてしまいました。日誌に載せようと思っていたネタも溜まりに溜まってしまいました。今年からナシが加わり、ブドウ、ナシ、イチジクと充実した8月末から9月を過ごさせていただきました。多忙な日々ながらもこの実りの季節の喜びを皆様と共有できて嬉しい限りです。皆様からの喜びの言葉は私たちの励みになります。ありがとうございます。

9月2日、立川市果実品評会が開催されました。当園からはナシ、ブドウ、イチジクを出品し、ブドウ「シャインマスカット」が特別賞(金賞)に選ばれました。ブドウ「藤稔」、ナシ「豊水」、イチジク「桝井ドーフィン」も優秀賞(銀賞)に選ばれました。

今年は早い梅雨明けからの猛暑続きで大変な一年でしたが、評価されて良かったです。市内の果樹農家と切磋琢磨しながらよりよい果実をご提供できるよう引き続き頑張りたいと思います。

日本農業新聞(8/25)に掲載されました

8月25日付の日本農業新聞の首都圏版に髙橋果樹園のイチジク(根圏制御栽培)が掲載されました。

イチジク栽培に取り組み始めて13年ほど経ち、様々な経験をしてきた中で考案した根圏制御栽培を取り上げて頂きました。イチジクは完熟の果実をすぐにお客さんへお届けできる都市農業ならではのフルーツです。このようなやり方もあるということで、広く普及し、都市農業が更に発展すれば嬉しい限りです。

まだまだイチジクのシーズンは続きます。皆様にお楽しみで頂けるよう、収穫に励みます。

梨が採れ始めました

根圏制御での梨の栽培をはじめて3年目になります。ついに収穫の時を迎えました。

初年度は暑さに多くの木がやられてしまいました。その影響もあってか木の元気を取り戻すためにも2年目は我慢の一年として収穫はしませんでした。そのような苦労や勉強を重ねながら3年目の今年、ついに収穫となりました。

幸水梨

豊水梨

根っこを制限し、水分をコントロールしているせいか、甘みが強く、濃厚に仕上がっているのではないかと感じます。

明日の直売会で皆様に販売できることを楽しみにしています。

幻の梨とも言われる稲城の品種も大きくなっており、こちらも楽しみです。稲城は27日の販売予定です。

カテゴリー

アーカイブ

最近の投稿

  • 2022.09.18

    9月後半直売会スケジュール

  • 2022.09.18

    高千穂大学への講義

  • 2022.09.18

    立川市果実品評会

Scroll back to top